南部再生第20号:もくじ
"南部再生"について
"南部再生"ってナニ?
"南部再生"を購読するには?
詳細はすべてコチラのページをご覧ください。

尼崎が生んだ喜劇王、岡 八郎

「クッサ〜」「エゲツな〜」で関西人を笑かしまくった吉本新喜劇の看板役者、岡八郎さんは西長洲生まれ、出屋敷育ちのコテコテの尼っ子。昨年67歳で亡くなった「奥目の八ちゃん」の思い出を長女の市岡裕子さんに語ってもらった。

父娘の母校、明倫中学校前で。左が裕子さん。

 父は根っからの喜劇役者でした。それも、お客さんの反応を直接感じられる舞台が何より好きでした。幼いころ出屋敷界隈の演舞場で見たチャンバラなどの大衆演劇がその原点。尼崎の人間であることを誇りに思っていて、離れようとしませんでした。母との結婚式も貴布禰神社だったそうです。

 大部屋俳優をした後、21歳で吉本に入り、浅草四郎さんと「四郎八郎」で漫才をしましたが、どうしても新喜劇がしたいと、コンビを解消。27歳で新喜劇に入り、30歳で座長になりました。宮内町の家から毎日阪神電車で梅田と難波、京都の劇場に通い、10日ずつ公演して、合間にはテレビなどの仕事。私が子供の頃はテレビでしか会えないぐらい忙しかったですね。

 根はシャイで、口数も少なく、子供にすれば怖い父でした。仕事は家に持ち込まない人でしたが、台本が面白くなかったりすると、「こんなもんやれるか」と荒れることもありました。母も芝居の経験があったので、「どうしたいの」となだめながら、父が寝た後にお弟子さんと2人で台本に手を入れたりして。

 お酒の問題やリストラ、癌など50歳以降は大変なこと続きでしたが、昨年7月の葬儀には950人もの人が来てくれて。出棺では「八ちゃん、ありがとう!」って拍手が沸き起こったんです。辻本茂雄さんが「新喜劇は僕らがこれから守っていきます」とおっしゃってくれたのが、本当にうれしかったですね。(談)

尼崎 芸人名鑑

日本屈指のお笑い芸人の産地、尼崎。ダウンタウンをはじめ、この街出身・ゆかりの芸人たちが胸を張って「尼崎出身」というあたり、一大ブランドとして定着してきているのかもしれない。

200の持ちネタ、一門は50人を超える、いわずと知れた人間国宝。尼崎在住歴40年を超える御大が、尼崎のために、と1977年からはじめた「尼崎落語勉強会」は172回を数える。偶数月、総合文化センターで開催。 上方演芸史に輝く兄弟コンビ。杭瀬出身といわれる二人のネタにも尼崎が…。名作「君と僕の恋人」の中で、二人が通いつめるキャバレーとして登場する「黒猫(ブラックキャット)」は、中央界隈にあった実在のお店。 お笑い界のトップに君臨する松本人志、浜田雅功のコンビ。小児科の謝花(しゃばな)さん、潮小学校、杭瀬市場、長崎屋…、今も二人のトークには尼崎がひんぱんに登場する。かつては市民祭りの舞台に立ったことも。 「パチパチパンチ」に「ポコポコヘッド」。肉体派ギャグを連射する喜劇役者。きふねさんの夏祭りには、欠かさず参加する。法被姿で商店街を練り歩く姿は貫禄十分。写真とサインを飾るお店も多数あり。