南部再生第5号:もくじ
"南部再生"について
"南部再生"ってナニ?
"南部再生"を購読するには?
詳細はすべてコチラのページをご覧ください。

イマドキの商店街 中央・三和・出屋敷の挑戦

「商店街には多くの買い物客が訪れ、人々が憩いにぎわい、まさにまちの顔ともいえる」といえたのは古きよき日本でのこと。消費者のライフスタイルが変わり、デフレ不況は終わりを見せず…といった時代の流れに、日本中の商店街が「何とかしないと」と新たな商店街像を模索している。そして今、中央・三和・出屋敷商店街でも新たな動きがおこっている。

中央1番街西を行き交うタクシー

 ひょっとしたら、これは日本一の規模を誇る商店街かもしれない。阪神尼崎駅から出屋敷駅まで15の商店街、市場が集積し、さらにその周辺の細街路にも未だ誰も数を確かめたことのない店舗群がある。これらを直線にすればどれほどの長さになるのか。

 高度経済成長期のにぎわいには及ばずとも、まだまだ「衰退」の文字はこのまちには似合わないはずだ。

 「人を呼んでくるためのイベントから始めなければいけない商店街が多いなか、このまちには本当にたくさんの人が今もまだ行き交っています」尼崎市商業課の西谷俊一さん(51)は現状を分析する。

 しかし「このままではやがて…」の思いが殊に若手商店主たちの胸にはある。そうした危惧を払い、本当に「日本一の商店街に」。あまけんもそう思う。

人間ドラマが渦巻く

中央4番街西のステンドグラス

 「商店街には人間ドラマが渦巻いています」

 三和本通商店街で50年、「商店街」になる前から、薬局を営む83才の井澤正直さんがこの半世紀のまちを語ってくれた。

 「あのころは何を売っても売れましたで」

 敗戦から朝鮮戦争のころは、まさに人があふれ皆休む暇もなく働いたという。そのなかで井澤さんは様々な商店主たちの生きざまをみてきた。親の財産をバクチで食いつぶすどら息子。露店商からたった1代で財をなした人。札付きの悪ガキが今では立派な商店街役員に…。

 「いろんな人間がいるからこそ面白い。その反面、商店街として団結しなければならない時に、彼らをまとめるのは大変なことですよ」これまでの商店街としての取り組みには、団結力がないと指摘する。

 1985年、商業の近代化やまちづくりに意欲をもつ若手経営者30人が「元気街グループ」を結成。以来「元気街祭り」という地域の祭りが続いている。ガイドマップを作成した。ポイントカードシステムを発足させた。アーケードやカラー舗装も新しくした。元気街ホームページを立ち上げた。それにもかかわらず…「地域が一体化しているという感じは少ない」との思いがそれぞれにある。

まち全体で考えないと

なぜかみな早歩き

 2002年4月、この商店街に新たな動きがおこる。『中央・三和・出屋敷まちづくり株式会社』を母体にTMOが立ち上がる。この界隈もまた、全国の中心市街地の例にもれず空洞化の兆しをみせる商店街のひとつ。特にこの10年の売り上げ、来街者数の落ち込みは深刻である。『中央・三和・出屋敷まちづくり株式会社』の取締役をつとめる吉岡健一郎さん(42)は「バブル以降の不良債権問題、ここ3年のデフレ不況など、日本経済の悪影響は商店に直接降り掛かってくる」と現状をシビアに認識する。

 「価格で競争しても大型店には勝てない。この商店街の特徴を打ち出していかないと生き残れない」若い世代の商店主たちは危機感をつのらせている。

 「結局、これまでは商売人だけで何とかしようとしてきた。もっと周辺住民やまち全体で考えないと、このまちはよみがえらない」

元気ねこの宅配便

「商店街で買い物したいけど、時間がなくて…」というお忙しい方々のために、中央・三和・出屋敷まちづくり株式会社は「元気ねこの宅配便」というサービスをスタート。電話、ファックスで注文した商品がその日のうちに自宅に届くという画期的な取り組み。商店街の宅配サービスは高齢化社会の今、日本全国で注目されていますが、これだけの規模での取り組みはちょっとスゴい。お問い合わせは同株式会社 06-6411-4400まで。ホームページはhttp://www.genki.or.jp