南部再生第14号:もくじ
"南部再生"について
"南部再生"ってナニ?
"南部再生"を購読するには?
詳細はすべてコチラのページをご覧ください。

尼崎の地名を読み解く傾向と対策

 古くは6村が合併してできた尼崎市。地名から地区ごとの特徴が読み取れるという。尼崎市立地域研究史料館、辻川敦さんに話を聞いた。「地名の由来のほとんどは、確証があるわけではありません。しかし、色々と推測することでまちの変遷を探ることができます。尼崎の場合とくに、集落の成立過程や歴史と密接に関わっています」。

武庫地区
サムライ系
時友・友行
常吉・常松


中世、源氏による名田や荘園が発展したため、よく似た地侍の名前が地名に残る。

武庫●難波都から見て「向こう」にあったという説がある。
立花地区
混在型
塚口(古代系)
栗山(サムライ系)
尾浜(さんずい系)

地理的に中間に位置する立花地区では、地名のタイプが混在している。

塚口●塚(古墳)が多く発見されている。阪急開発により、周辺に塚口本町や南塚口町といった塚口エリアが広がった。
園田地区
古代難読系
田能(たのう)
食満(けま)
椎堂(しどう)
穴太(あのう)
額田(ぬかた)

弥生時代の「田能遺跡」が発見された園田地区は、古代の語感を残した難読地名が多い。

食満●農作物が多くとれた場所という由来がある。
大庄地区
デベロッパー系
平左衛門
又兵衛
道意

海岸部の埋め立てで広がった大庄地区。道意や又兵衛、平左衛門は江戸時代の新田開発者の名前である。
本庁地区
ストリート系
昭和通・南通
神田北・中・南通

城下町を思わせる地名も残るが、戦後の市街化にともない、昭和通、神田中通といった通りを基準にした便宜上の住居表示がつけられた。

大物●大物主命、大仏、大きな材木…由来には諸説ある
小田地区
さんずい系
長洲・潮江
浜・杭瀬 

中世には瀬戸内海の外海として発展した小田地区。水辺の雰囲気を残すさんずいの地名が多い。

杭瀬●文字通り海岸に杭を打ち並べて造成したのだろう。

複雑な由来だけじゃない。意外と単純に付けられてるものです。

扶桑町

 住友金属、住友精密、住金機工、住友金属建材、住金溶接工業…住友グループが町域のほとんどを占める扶桑町。
 地名の由来は、財閥解体で住友プロペラに代わりできた扶桑金属から付けられたとされている。地名まで住友関連である。ちなみに扶桑とは日本国の異称。

七松町

 七本松と記されている文書もある。かつて、七本の大きな松があったのだろうという、いたって明解な由来が伝えられている。

名神町

 名神高速道路尼崎インター周辺が名神町とは分かりやすい。今から考えるとずいぶん安易なネーミングだが、名神高速が開通した63年当時、多くの人々が高速道路によるまちの発展を信じていた。当時の意気込みを感じさせる地名である。

扇町・末広町・鶴町

 戦前、尼崎築港によってすすめられた臨海地域の埋め立てで、次々と新たな土地が造成されていった。この時期の臨海部の地名は縁起をかついだおめでたい名前ばかり。

武庫之荘

 豊かな農地が広がる武庫ノ庄村に、イギリス田園都市を作ろうと阪急電鉄の創始者小林一三が住宅開発に乗り出した。阪急武庫之荘駅が完成したのは昭和13年のことだった。
 この時、小林は「武庫ノ庄」から「武庫之荘」に漢字を改めた。伝統を感じさせる「之」と荘園を連想させる「荘」の文字により、まちのブランドというものを強く意識したのである。

住居表示って何?

 日本には古くからの地名として字(あざ)があった。しかし戦後、より合理的で把握しやすい住所をつけるために、「住居表示に関する法律」(1962年)が施行された。これにより各地で、伝統ある小字を廃止し街区や道路を基準にした住居表示が広まった。しかし90年代に入り、改めてまちのアイデンティティを問う風潮が高まり、字(あざ)を地域の伝承や歴史性と捉えて見直す動きが起こりつつある。


参考文献 「尼崎地域史事典」「尼崎の地名」(ともに尼崎市) 取材協力 尼崎市立地域研究史料館