尼崎ディスカバリー JR神戸線の武庫川橋梁

尼崎で見つけた非日常の風景を切り撮る

尼崎の西端、武庫川に架かるJR神戸線の武庫川橋梁は南禅寺の水路閣のような連なりが美しい橋。大阪・神戸間は、京浜間に次ぎ日本で2番目に開通した路線ということで、大変に歴史のある鉄橋だ。一度かけ替えられたがそれでも100年以上前のもの。特に味のある北側の上り線は下の部分のレンガ造りがシブい。


写真・文/小林 哲朗(こばやしてつろう)
こばやしてつろう フォトグラファー。廃墟、工場、地下、巨大建造物など身近に潜む異空間をテーマに撮影。