フード風土 37軒目 CHOTTO BAR

よそ行きの「グルメ」じゃない、生活密着の「食いもん」を探して、アマを歩く。
取材・文=松本創(本誌)

「ちょっと」で済まない本格酒場

会社員だった頃、夕刻を過ぎると、職場にこんな言葉が飛び交った。「ちょっとビールでうがいして帰ろか」「30分一本勝負いこか」。長居も深酒もせえへんで、とあらかじめ腰を浮かしつつ、ちょっと寄り道、ちょっと1杯…と勤め人たちが足を向ける。酒屋に併設の酒場と聞けば、そんな場所が思い浮かぶ。

白ワインのサングリア500円と鴨ロース(ハーフ)500円は、最近一番のお勧めタッグ。季節物では灘の酒「仙介」ひやおろし600円も旨かった。

だが、この店[CHOTTO BAR]は違う。名に反して「ちょっと」の域を超えている。前に訪れたのは本誌16号で武庫川界隈を飲み歩いた8年前。久々にのぞくと、店の奥行きも、カウンターの長さも2倍に広がっていた。

母体である[西佐本店]は1890年(明治23)の創業。「この辺でたぶん一番早く商売を始めた」という店は当初、米や乾物がメインで、お酒はそれこそ「ちょっと」だったらしい。が、16年前に西谷日出男さん(45)が4代目を継ぐと、酒類がぐっと充実。神戸のモルトウイスキー専門店で働いた経験もあるという西谷さん、日本酒やワインにも造詣深く、何より「おいしくお酒を飲んでほしい」という思いが強かった。

豊富なラインナップをゆっくり試飲してもらおうと、バーカウンターを特注。お酒に合うアテを選び、やがて自分で調理を始め…とやっているうち、本格バーになった。

今や、お酒もアテも定番は自家製。珍しく白ワインを使うサングリアは、すっきりした飲み口に桃やリンゴの自然な甘みと香りがなじみ、「甘ったるい酒」という当方の勝手な先入観をきれいに洗い流してくれる。お供は鴨ロース。プロユースな圧力鍋ストウブで柔らかくなった鴨肉に、旨味がギュッと凝縮されている。

「果物は日本酒にも合うんですよ。今の季節だと、梨や柿とひやおろし。絶品ですよ」

「ワインはボルドーが一番好きなんですけど、イタリア、スペイン、チリ…と120銘柄ぐらいあるかな」

お酒と西谷さんの話に気持ちよく酔ううち、カウンターが賑やかになってきた。「ほぼ毎日来る」という常連さんたちは、みんな地元の住民。仕事から帰宅して、わざわざ飲みに出てくる人も多い。

ちょっと、ちょっと…の積み重ねでできた一番居心地のよい場所。街の人にとっても、西谷さん自身にとっても。


37軒目 CHOTTO BAR

大庄西町1-3-15
17:00~1:00 日・祝休
TEL:06-6417-2431